社会福祉法人 鶴翔会 障がい者支援施設 ゆきわり荘

シャカイフクシホウジン カクショウカイ ショウガイシャシエンシセツ ユキワリソウ
社会福祉施設(障がい者支援施設)

事業概要

[ゆきわり荘って、どんなところ…?]

私たちの働く施設は、障がい者支援施設ゆきわり荘と言います。主に知的に障がいのある方の日常生活、日中活動、社会生活のお手伝いをさせていただくのが 主な仕事です。食事、入浴、排泄などの支援や、夜間の見守りなどを行っています。

[ある1日の仕事例]

6:00 着替え、排泄などのお手伝い → 7:30 食事や服薬、歯磨きのお手伝い → 9:00 清掃 → 9:30 午前の活動(散歩、入浴、衛生支援など)→ 11:30 昼食の準備→ 12:00 食事や服薬、歯磨きのお手伝い → 13:30 午後の活動(散歩、入浴、ロッカー整理など) → 14:30 間食のお手伝い → 15時30分 余暇支援 → 19時 就寝準備

自社PR

「障がい者支援」の仕事について、どのくらいご存じですか?
実は、文系でも理系でも、福祉について学んでいても学んでいなくても、自己成長を感じながら取り組める仕事なんです!
どんな仕事なの?福祉業界って給与が低いって聞くけど?ワークライフバランスは大丈夫なの?…などなど、
少しでもご興味・ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!  随時、説明会も開催しています。

【お問い合わせ先】
☎ 0242-78-2426

日々の利用者さんのご様子は、ぜひ下記のQRコードから「ゆきわりぶろぐ」をご覧ください。 また、募集要項や採用後の待遇については「マイナビ2022」に掲載しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

企業情報

代表者
理事長 渡部 正吾 (ワタナベ セイゴ)
創業年月
昭和62年8月
従業員数(男女比)
46名(非常勤職員含) 男女比 (21:25)
所在地
福島県大沼郡会津美里町小沢字牛首甲1213-3
TEL / FAX
TEL:0242-78-2426 FAX:0242-78-3217
URL
http://yukiwarikouhou.com/

沿革

昭和62年8月:
社会福祉法人鶴翔会 設立

昭和63年8月:
精神薄弱者更生施設「ゆきわり荘」開設(定員50名)

平成22年4月:
「ゆきわり荘」は、障がい者支援施設へ移行し事業開始。
施設入所支援(定員50名)・生活介護(定員50名)

平成24年6月:
障がい者支援施設「ゆきわり荘」の定員の変更。
施設入所支援(定員50名)・生活介護(定員60名)

はたらく先輩からのメッセージ

Q.ゆきわり荘に就職を決めた理由は?
A.短大の時のゆきわり荘での保育実習がきっかけです。最初はとても不安でしたが、ゆきわり荘の利用者さんはとても人懐っこく、私の緊張なんか吹き飛ばしてくださいました。また、職員の方も気さくに話し掛けてくださったり、何の知識もな い私に、利用者さんに 対する細かな気配りの面まで一から教えてくださいました。他の施設や幼稚園等への実習にも 行きましたが、 最終的には「ゆきわり荘で働きたい」という気持ちが強くなり、ゆきわり荘に就職することに決めました。

Q.実際に働いてみてどうですか?
A.利用者さんとの関わりのなかで悩むことや落ち込むこともたくさんありますが、利用者さんのちょっとした言動に感動したり元気をもらったりすることの方が圧倒的に多いです。働いているなかで障がいのある子どもとも関わってみたいという思いも 生まれました。それだけ、利用者さんの日々の言動に魅せられているのだと思います。

Q.やりがいを感じる瞬間は?
A.まだまだ力不足を感じることは多々ありますが、利用者の方と関わった結果から、次はどうすれば利用者の方により満足してもらえるのか、また、もっと納得してもらえる別の方法があるのではないかなど、自分で考えて実践し、それが良い方向に向かい、利用者の方が喜んでいる姿を見られた時はとてもやりがいを感じます。

Q.困った時や悩んだ時はありますか?
A.思うようにいかないことがあると「次はどうすればいいのだろうか。」と迷うことがあります。
自分だけの力ではどうしようもない時もあります。しかし、そうした時は頼れる仲間や素晴らしい上司がいます。
「早くなんとかしなければいけない。」と焦る私に「焦らないこと」、「時間をかけて少しずつ関係を築いていくことの大切さ」など、たくさんのアドバイスや温かい言葉を掛けていただいています。

Q.福利厚生について教えてください!
A.ゆきわり荘は手当てがしっかりしていて、一人暮らしにもとても優しいです。住居手当があり、その他に夜勤手当、特殊業務手当などを 初め、ボーナスは年2回支給されます。その上、3月には処遇改善一時金も出ます。なので、 おかげさまで一人暮らしでも十分 余裕のある生活を送ることができています。お休みも、事前に希望を出せば優遇してもらえます。新型コロナウイルスが流行する前は、3連休の前の日を夜勤明けにしてもらい、実質4連休のようなかたちで実家に帰省したり、佐渡のおばあちゃんの家に遊びに行ったり、 同期と富士急ハイランドに遊びに行ったりと、 定期的にリフレッシュしていました!

Q.求職者に伝えたいことは?
A.福祉の仕事といっても、高齢者、障がい者、児童など様々です。また、同じ分野の事業所でも雰囲気が違います。
どんな施設なのか、自分に合っているかなど、応募する前に実際に見学してみることをおすすめします。 ゆきわり荘にも、是非一度見学にいらしてください。きっと、利用者さんが元気な挨拶で迎えてくれます!

代表者メッセージ

理事長 渡部 正吾

「障がいに目をうばわれることなく、人間として共にその尊厳を守り一人ひとりの心と語らい、人としての自立を目指す」を基本理念として、利用者の人権と主体性を尊重し自立した生活を地域社会で営むことができる支援活動をめざして、入所支援や相談支援事業等の社会福祉事業を行い地域から愛される施設運営に努めております。